くらし情報『「有給」「有休」どっちが正しい?』

2014年4月11日 10:05

「有給」「有休」どっちが正しい?

「有給」「有休」どっちが正しい?
「有休があるんでお休みします!」なんて、口にする分には意気揚々と言えても、実際文字にして誰かに伝えなければならないとき、「有休?」それとも「有給?」なんて、戸惑ってしまうことはないでしょうか。有給と有休、どっちが正しい?知っているようで知らない社内用語について調べてみました。

■有給と有休の意味に違いはある?

有給も有休も、どちらも「有給休暇」を略した言葉で、意味に違いはありません。最初の二文字をとって「有給」とするか、最初と間をとって「有休」とするかの違いであり、どちらも新聞で使われることがある略語であり、どちらも辞書に「有給休暇」を指す言葉として載っています(辞書によっては、どちらかしか載せていない場合もあります)。

ただし、この有給休暇の正式な名称は年次有給休暇。だから本当は「年休」という略語が一番適切ではないかと考える人もいます。ちなみに労働問題を扱う場合は「年休」という略語がよく使用されています。ただし年休よりも有給や有休の方が一般的に浸透しているため、一般的に社内で使われる場合には「有休」か「有給」のどちらかを用いられることが多いようです。

■有休、有給、年休は使わない方がいい?

有休、有給、年休はどれも同じ意味ですが、人によっては同じものを指す言葉だと伝わらない可能性もあるため、「有給休暇」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.