くらし情報『『猿の惑星』最新作「大戦記」2017年公開決定!「すまない…戦争が始まる」』

2016年12月14日 12:00

『猿の惑星』最新作「大戦記」2017年公開決定!「すまない…戦争が始まる」

『猿の惑星』最新作「大戦記」2017年公開決定!「すまない…戦争が始まる」

映画『猿の惑星』シリーズ最新作『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』が2017年に日本公開されることがこのほど、明らかになった。

1作目の『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』(2011年)では、人類が永遠に支配するはずだった地球の歴史が塗りかえられていく"起源"として、猿の子供であるシーザーが人類同等の知能を持ち、コミュニケーションツールである言語を持つまでが描かれ、全世界で4億8,000万ドル以上の興行収入を達成。続く『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(2014年)では、地球の支配者を決する猿と人類の"新世紀"として、高度な知能を獲得した猿のシーザーが仲間を率いて、人類への反乱を起こしてから10年後の世界が描かれ、7億1,000万ドル以上の興行収入を記録した。

そして、3作目となる『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』では、地球の支配者としての生き残りを掛けた2つの種の戦いが決戦の時を迎える。地球の支配権を懸けた戦いの裏ではシーザーの内面の葛藤に迫り、大きな喪失感に苛まれながら、己の中の悪魔と向き合い、彼の種族を率いるために再び立ち上がる姿が描かれる。そして、シリーズの過去作でもそうであったように「"人間性"を創り上げているものとは何か? そして人間性はシーザーの中に育つのか?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.