くらし情報『松本伊代、35周年記念ライブで涙の謝罪「軽率で不謹慎な行動…深く反省」』

2017年2月12日 07:00

松本伊代、35周年記念ライブで涙の謝罪「軽率で不謹慎な行動…深く反省」

松本伊代、35周年記念ライブで涙の謝罪「軽率で不謹慎な行動…深く反省」

タレントの松本伊代が11日、名古屋ブルーノートで芸能生活35周年を記念したワンマンライブを開催。鉄道営業法違反の疑いで10日に書類送検されたことについて、ファンに謝罪した。

1981年10月に「センチメンタル・ジャーニー」で歌手デビューし、"花の82年組"を代表するアイドルとしてヒットを連発し、82年には史上最年少(当時)で日本武道館のコンサートを成功させるなど、数々のステージを経験してきた松本。このたび、デビュー以来初めてブルーノートでライブを行い、中盤で自身初のアコースティック・コーナーを設けるなど、しっとりした曲を中心に14曲を歌唱した。

2曲目を歌い終えたあとのMCコーナーでは、鉄道営業法違反容疑で書類送検されたことを陳謝。「このたびは私の軽率で不謹慎な行動により、多くの皆さまに大変なご迷惑をおかけしてしまいました。深く反省しております。申し訳ありませんでした」と謝罪し、「このような状況を招いた私がライブを開催していいものか、ぎりぎりまで悩んだのですが、こんなにたくさんのお客さまにお運びいただいて、心より感謝申し上げます」と涙ながらに語り、深々と頭を下げた。

当初は緊張した表情を見せていた松本だが、徐々に観客との距離が近いライブハウスの雰囲気になじんだ様子。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.