くらし情報『ミスセブンティーン2017、笑顔の初ランウェイ! 三吉彩花「脚が長い」と驚き』

2017年8月24日 21:29

ミスセブンティーン2017、笑顔の初ランウェイ! 三吉彩花「脚が長い」と驚き

ミスセブンティーン2017、笑顔の初ランウェイ! 三吉彩花「脚が長い」と驚き

ファッション誌『Seventeen』(集英社)の専属モデル「ミスセブンティーン2017」に、応募総数5981人の中から鹿児島県出身の宮野陽名(みやのひな・中2)と福島県出身の箭内夢菜(やないゆめな・高2)が選出された。24日にパシフィコ横浜で行われた読者招待イベント「Seventeen 夏の学園祭2017」でお披露目された。

宮野は、2003年8月29日生まれ、おとめ座のA型。身長168cm。特技は「小学5年生から続けている習字」で、趣味は「自然を眺めることと、雑貨屋さんめぐり」。箭内は、2000年6月21日生まれ、ふたご座のB型。身長165cm。特技は「くしゃみのものまね」で、趣味は「ファッション誌を読むこと」だという。

2人は3,000人の観客が見守る中、笑顔でランウェイデビュー。宮野は「ずっと憧れだったSeventeenモデルの一員になれて本当にうれしいです。選んでいただいたからには、かっこいい先輩方のようにモデルさんしっかりやりたい」と意気込み、箭内も「ずっと本番を楽しみにしていたので、今歩けてすごくうれしいです。これからはたくさんの人に笑顔を届けて頑張ります」と宣言した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.