くらし情報『大阪府・日根神社で「まくら祭り」では、枕をくくりつけたのぼりを背負う!?』

2014年5月2日 14:19

大阪府・日根神社で「まくら祭り」では、枕をくくりつけたのぼりを背負う!?

大阪府・日根神社で「まくら祭り」では、枕をくくりつけたのぼりを背負う!?
大阪府泉佐野市日根町の日根神社で、枕幟(まくらのぼり)を掲げて町を練り歩く「まくら祭り」が開催される。期間は5月4日~5日(宵宮が4日、本宮は5日)。

○願いが込められた色とりどりの飾り枕

同祭りは、子宝に恵まれない村の若嫁が子授けを願って奉納した枕を、お祭りの幟にくくりつけて渡御したのが始まりとされる。やがて縁結びや疫病の流行を防ぐことを目的に村人が枕を奉納するようになり、これらの「祈願枕」を付けた幟(のぼり)を担いでお渡りするようになったという。

祭りで使用する竹の竿は5メートルほど。この竿に色とりどりの飾り枕を25個付けた「枕幟」を背負い、五社音頭をうたいながら長滝の御旅所まで渡御する。登場するのは、社名旗、大榊、塩水、比礼旗、太刀、弓矢、猿田彦、太鼓、神輿と、一番幟、二番幟、三番幟の3つの枕幟。コースは、日根野から長滝、上ノ郷をまわる7kmの行程となる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.