くらし情報『高杉真宙の魅力は「チャライの真逆」 - 黒沢清監督が“好青年ぶり”を絶賛』

2017年11月19日 13:00

高杉真宙の魅力は「チャライの真逆」 - 黒沢清監督が“好青年ぶり”を絶賛

高杉真宙の魅力は「チャライの真逆」 - 黒沢清監督が“好青年ぶり”を絶賛

俳優の高杉真宙が18日、都内で行われた第9回TAMA映画賞の授賞式に出席。最優秀新進男優賞し、「もっともっと、貪欲に成長していきたい」と俳優業への覚悟を語った。

同映画賞は、多摩市及び、近郊の市民からなる実行委員が「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる<いきのいい>作品・監督・俳優を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰」するもの。

高杉は今年、『逆光の頃』『散歩する侵略者』『トリガール!』『想影(おもかげ)』『ReLIFE リライフ』『PとJK』とバラエティに富んだ作品に出演し、その確かな演技力が高く評価された。ステージに上がった高杉は「改めて、もっとがんばらなきゃなと強く思った」とキリリと表情を引き締めた。

「色々な役を演じさせていただき、めまぐるしい毎日ですごく充実していて、楽しい日々でした」と振り返り、「もっともっと、貪欲に成長していきたい」と胸の内を明かした高杉。「映画に愛される役者になりたい」との夢を抱いているそうで、「この仕事をやらせていただき、どんどん映画を観るようになった。映画の素晴らしさを知り、この仕事をやっているんだという実感が出てきた。もっと映画を愛して、色々な人に愛されて、素敵な巡り合わせで色々な映画に出たい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.