くらし情報『曽利文彦監督、自ら企画を立ち上げ役者を口説いた『鋼の錬金術師』 原作愛と、山田涼介というキャスティング』

2017年12月13日 11:30

曽利文彦監督、自ら企画を立ち上げ役者を口説いた『鋼の錬金術師』 原作愛と、山田涼介というキャスティング

曽利文彦監督、自ら企画を立ち上げ役者を口説いた『鋼の錬金術師』 原作愛と、山田涼介というキャスティング

●いつかは日本で実写映画化してみたかった
全世界でシリーズ累計発行部数7,000万部を突破した、荒川弘の人気漫画『鋼の錬金術師』。満を持して実写化となり、世界190カ国以上での公開も予定されている。物語を引っ張るのは、主人公のエドを演じる、Hey! Say! JUMPの山田涼介。マイナビニュースでは、特集「映画『鋼の練金術師』エドの精神」を行い、エドというキャラクター、エドを演じる山田涼介の魅力、そしてハガレンの世界観についてインタビューを行ってきた。

今回は、メガホンを取った曽利文彦監督にインタビュー。連載当初から原作を愛していたという曽利監督が自ら企画を立ち上げた背景と、キャスティングについて話を聞いた。

○『ピンポン』以来の企画立ち上げ

――今回、映画の立ち上げにはどう関わってらっしゃったんですか?

原作自体は連載当初からの大ファンです。その後アニメ化もされて海外でも大人気だったので、ハリウッドで映画化される可能性は高いと思っていました。それはそれで悔しい思いもあり、いつかはこういった作品を日本で実写映画化してみたいと、ずっと思っていたんです。その後日本の映像技術も発達してきたので、5年前くらいから企画としてリアリティを増してきたように思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.