くらし情報『北原里英、卒業発表後に気づいた「まだ続けていたい」 アイドルと夢』

北原里英、卒業発表後に気づいた「まだ続けていたい」 アイドルと夢

2018年2月21日 10:30
 

関連リンク

・ジェット・リー、ファンに感謝!元気な姿をFacebookでアピール
・ももクロ 結成10周年に意外な声!東京ドーム初公演に芸人界沸く
・金曜日の夜はちょっとワクワク♡プレミアムフライデーの楽しみ方
北原里英、卒業発表後に気づいた「まだ続けていたい」 アイドルと夢

●『サニー/32』への思いと女優の一歩
“偶像”を追い求める自分に「卒業」という区切りをつけ、第2の人生へと踏み出す人々を取材する連載「アイドルたちの転身」。第1回は、2018年春を目処にアイドルを卒業する北原里英(26)に前編・後編にわたって話を聞く。

アイドルとしての10年を振り返り、胸の内を明かす北原。AKB48が国民的アイドルグループへと成長する中、どのような思いで女優への夢をいだきつづけていたのか。後編では心の葛藤に耳を傾けながら、主演映画『サニー/32』(2月17日公開)を経て女優へと転身しようとする姿を追う(前編:北原里英、人生で初めて聞こえた「集中力が切れる音」 秋元康に導かれて)。

○「声優になりたい」友人の夢に刺激されて

――この業界に入る前から女優に憧れていたんですか?

女優になるために、これまで数々のオーディションを受けてきましたが、唯一合格したのがAKB48でした。

――何がきっかけで女優に憧れるようになったんでしょうか?

小学生の時に友だちの中で一人「声優になりたい」と言った子がいて、その時に初めて「芸能もなりたい仕事の1つなんだ」と実感しました。その頃から、友だちとふざけて寸劇をするのが大好きでした。それを誰かに見てもらうのが楽しくてしょうがなかったんです。

――まさに女優は天職ですね。

そうですね。実際にある作品をパロディ再現して、友だちを笑わせるのが好きでした。大人の恋愛ドラマも再現していましたね。

――ずいぶんとオトナな中学生ですね(笑)。

そんなことないですよ(笑)! その頃から誰かに憧れてというよりは、漠然と「楽しいから仕事にしたい」と。そうやってふざけている時間が幸せでした。
AKB48加入後も女優に憧れ

――AKB48に加入すると予想を超える出来事が次々と起きて、応援してくれる人の数も日に日に増えていったと思います。環境が激変する中でも、女優への思いを抱き続けられたのは、なぜだと思いますか? すごくステキなことですよね。

ありがとうございます。ドラマや映画を観るのが何よりも好きでしたし『マジすか学園』(テレビ東京系・10年~)で演技に触れる機会があってすごく楽しかったです。撮影現場は、私にとって「憧れの場所」でもありました。――いろいろな取材記事を読んできたのですが、いつもご自身を冷静に客観視していらっしゃるように感じます。それはこの業界で揉まれたから?

わりと小さい頃からそうだったと思いますが、上京してますますそうなったのかもしれません。性格が変わったと自分でも思います。

――以前、『ジョーカーゲーム』(12年)のインタビューで、中学生の時に知り合った決断力のある親友の話をしてくださいました。「その子のようになりたくて自分を変える努力をしました」と。

今でも交流はありますよ。この間、結婚式にも出席してきました(笑)。正月に帰ると毎年会っていて、関係性は今も変わっていません。

――そんな北原さんも昨年、卒業を決断されました。自身が変わることを心に決めて上京してから10年。変われたと思いますか?

変わったとは思います。本当に良くも変わったし、悪く変わった部分もあるのかもしれません。卒業は久しぶりの大きな決断でした。震えましたね(笑)。
○卒業発表後の本音

――映画化決定時には、「この作品で新しい一歩を」というコメントも。

覚悟を決めて挑みました。「絶対に人生を代表する一本にするぞ」という強い思いというか。

――いつから女優のことが書いてあるんだろうとブログを遡ってみたんですが、2010年6月23日に投稿した「しあわせいっぱい!」には生誕祭の報告と共に、「本当はわたしは女優になるのが夢なのでその夢が叶うよう頑張ります」とつづられていました。

おそらく、「女優になりたい」という目標を初めて人前で話したような気がします。アイドル活動以外の目標を初めて言う機会、それが自分の生誕祭だったのだと思います。

――卒業を発表した今の気持ちは? きっといろいろな感情があると思います。

卒業を発表してからの一瞬一瞬がとても貴重で、グループの活動が今まで以上に楽しくて。「まだ続けていたい」と思うことが、最近多いですね。

――やり残したことがあると。

やり残したことはありませんが、「貢献したい」という気持ち。NGT48もこれからです。「COUNTDOWN JAPAN」への出演だったり、NGT48にとってうれしいことが決まるのを体験していると、2018年はもっと楽しいんだろうなぁって。それを体験できないのは少しだけ悔しいです(笑)。でも、まだまだやりたい時に卒業できるのも、とても幸せなことだと思います。■プロフィール北原里英1991年6月24日生まれ。愛知県出身。A型。2007年に5期生としてAKB48に加入。2008年に10thシングル「大声ダイヤモンド」で初めて選抜入りを果たし、2012年から2013年まではSKE48を兼任。2015年からNGT48に移籍してキャプテンを務め、2017年8月に新潟歴史博物館で行われたNGT48のイベントで2018年春を目処に卒業することを発表した。『マジすか学園』シリーズのほか、『ろくでなしBLUES』(11)、『家族ゲーム』(13)、『みんな!エスパーだよ!番外編~エスパー、都へ行く~』(15)などのドラマに出演。映画では2012年の『ジョーカーゲーム』で初主演を務めている。

●【プレゼント】北原里英さんサイン入りチェキ
<応募〆:2月26日>

北原里英のサイン入りチェキを2名様にプレゼントします。

■応募期間:2018年2月21日から2018年2月26日23:59まで
■内容:北原里英サイン入りチェキプレゼント
■当選人数:2名様

■応募方法
1.マイナビニュースエンタメch公式Twitterをフォロー

2.応募ツイートをリツイート。

当選者には応募締め切り後、マイナビニュースエンタメch公式Twitterからダイレクトメッセージにて、送付先情報(送付先住所、受取人氏名、電話番号)を伺います。

※ダイレクトメッセージ送信後48時間以内にご連絡のない場合や、フォローを外された場合(その場合ダイレクトメッセージを送付できません)は当選を無効とさせていただきます。

当選条件
日本国内にお住まいの方 <個人情報取扱いについてのご注意> 応募にあたって以下を必ずお読みください。応募には以下の「個人情報取扱いについて」に同意いただく必要があります。「個人情報取扱いについて」に同意いただけない場合はプレゼント抽選の対象となりません。

(1)個人情報取扱いについて:マイナビでは個人情報保護マネジメントシステムを構築し、正しい個人情報の取扱および安全管理につきましてできるだけの体制を整え、日々改善に努めています。当社が運営するマイナビニュースにおいて、読者の皆様からお預かりする個人情報は、プレゼントの発送などに利用いたします。

(2)開示等、個人情報の取り扱いについてのお問い合わせ:株式会社 マイナビ ニュースメディア事業部 編集部 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1パレスサイドビル news-reader@mynavi.jp
(3)個人情報保護管理者:株式会社 マイナビ 管理本部長 personal_data@mynavi.jp

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.