くらし情報『次長課長・河本、吉本坂46に意欲「乃木坂、欅坂を震わせるアイドルに」』

次長課長・河本、吉本坂46に意欲「乃木坂、欅坂を震わせるアイドルに」

2018年2月21日 17:46
 

関連リンク

・鬼束ちひろ 初の海外公演実現に秘められていた17年前の伏線
・映画『HURRY GO ROUND』 生駒里奈が“hide愛”熱弁「泣いちゃいました」
・加藤浩次、クレー射撃に殴り込み 競技歴20年のヒロミも太鼓判「腕前は相当なもの」
次長課長・河本、吉本坂46に意欲「乃木坂、欅坂を震わせるアイドルに」

吉本興業は21日、都内で会見を開き、秋元康氏プロデュースによるアイドルグループ・吉本坂46を結成することを発表。お笑いコンビ・次長課長河本準一は、オーディションに参加する意志を表明し、「欅坂、乃木坂を震わせるようなアイドルになっていきたい」と意気込みを語った。

次長課長河本準一

吉本坂46は、乃木坂46欅坂46に続く坂道シリーズ第3弾。よしもと所属タレント約6000人を対象にしたオーディションでメンバーを決める。芸歴・男女不問、ユニットの芸人も個人でのエントリーとなる。"ガチで歌う"本気のアイドルユニットで、ソニーミュージックからメジャーデビュー予定。活動開始は年内を予定しており、目標は「東京ドーム公演」「紅白歌合戦出場」とのことだ。

会見には、陣内智則平成ノブシコブシ南海キャンディーズのしずちゃん、ジミー大西ら所属タレント約100人が出席。河本は「やります!」といち早くオーディション参加を宣言し、「乃木坂や欅坂の勢いを考えますと、吉本もやはり坂というものに。一緒になって上り坂を駆け上がっていきたい」とやる気満々に話した。

また、「ライバルは平手ちゃん」と欅坂46平手友梨奈をライバルに挙げ、「欅坂とか乃木坂とかライバルです。そのうち移籍とか兼任もあると思うので」と坂道シリーズ内での競争を意識。さらに、「欅坂、乃木坂を震わせるようなアイドルになっていきたい」と目標を力強く語り、「のちのち3人、5人なりの派生ユニットや、各県代表のユニットもやりたい」とアピールした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.