くらし情報『菊地凛子・新田真剣佑ら『パシリム』日米キャストが日比谷の新名所に集結』

菊地凛子・新田真剣佑ら『パシリム』日米キャストが日比谷の新名所に集結

2018年3月26日 21:54
 

関連リンク

・『リメンバー・ミー』が公開34日間でついに興収40億円突破!
・二宮和也、“超大物”とサシ飲みロケに!「櫻井・有吉THE夜会」
・痛々しいディーン・フジオカに「目を背けたくなる」の声…「モンテ・クリスト伯」第1話

映画『パシフィック・リム:アップライジング』(4月13日公開)のジャパンプレミアが26日、今月29日にグランドオープンする東京ミッドタウン日比谷にて開催され、主演のジョン・ボイエガをはじめ、スコット・イーストウッド、菊地凛子、新田真剣佑、スティーヴン・S・デナイト監督らが登場した。

日本をはじめ全世界でヒットを記録したアクション大作『パシフィック・リム』(13)の続編となる本作は、新世代イェーガー達とKAIJUが東京の街を舞台に壮絶な戦いを繰り広げる物語。このたび、東京ミッドタウン日比谷での初めての映画イベントとしてジャパンプレミアが開催された。

屋外の広場に敷かれたレッドカーペットには、日本の特撮作品に影響を受けてアカデミー賞監督ギレルモ・デル・トロが生み出し、スティーヴン・S・デナイト監督が育てたイェーガーの2mもの巨大立像が出現し、そこへキャストと監督が次々と登場。その後、同施設内のTOHO シネマズ日比谷にて舞台挨拶を行った。

監督は「本当に日本が大好きで、ウルトラマンやゴジラの映画など、日本のものをたくさん見て育って大ファンだった」と日本への思いを語り、「この映画をつくって日本のみなさんにお届けできるというのは、少年時代の夢がかなったような思いで感無量です」と感激した様子。

主人公ジェイクを演じたジョンは「みなさんの街を破壊してしまい申し訳ない」と本作のストーリーにちなんだあいさつで笑いを誘い、ジェイクの相棒であるエースパイロット役のスコットは「この作品はファンのみなさんのためにつくった映画でもあります。1作目の大ファンだったので、こういう形で作品に参加できて大変うれしく思っています」と喜びを語った。

前作からの続投となる森マコ役の菊地は「また戻ってくることができました」とあいさつし、同映画館での初上映がこの作品になることに「記念すべき作品になると思います」と感慨深げにコメント。本作でハリウッドデビューを果たした若手パイロット・リョウイチ役の新田真剣佑は「この映画の舞台は日本なので、ぜひ大きなロボット・イェーガーが日本を救いに来るところを体感してください!」と笑顔で呼びかけた。

また、本作で吹き替えも務めたメイプル超合金カズレーザー安藤なつも加わり、同作の日本公開と同施設のオープンを祝して鏡開きを実施。来日ゲストも、日本の伝統行事を楽しんだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.