くらし情報『ローラ、スーツ姿できりっと! 保護犬・猫の飼い主としてスピーチ』

ローラ、スーツ姿できりっと! 保護犬・猫の飼い主としてスピーチ

2018年5月22日 14:05
 

ローラ、スーツ姿できりっと! 保護犬・猫の飼い主としてスピーチ

モデルでタレントのローラが22日、羽田空港第1旅客ターミナルのイベントスペースで行われた一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブルの「新プロジェクト“Panel for Life”発表会&トークショー」にスーツ姿で登壇した。

ローラ

フリーアナウンサーの滝川クリステルが2014年に設立した同財団は、2020年を目標にアニマル・ウェルフェアに則った犬猫の殺処分ゼロを目指して継続した活動を行う団体。新プロジェクト「Panel for Life(パネル フォーライフ) 命のパネル」では、保護犬・保護猫の等身大パネルをさまざまな場所に設置することでその存在を多くの人に広め、引き取る機会を増やしていく。

トークショーでは、同財団代表理事の滝川に加え、同プロジェクトのサポーターを務めるローラと俳優の別所哲也が参加。保護犬と保護猫を飼っているローラはまず、「保護わんちゃんは、森に捨てられていて、ほえることもできなくて、毛もボワボワで。でも、ちゃんとトリミングしたらものすごくかわいくなって、今お手を覚えさせている。どんどん人になついてくるのがかわいい」と犬について語った。

続いて、「保護猫ちゃんは、1匹は道で血を流していて、お兄ちゃんが病院に連れていったら1カ月ですっごく元気になって、家中を飛び回っている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.