くらし情報『島耕作、『空飛ぶタイヤ』にエール! トップの極意は部下の信頼』

2018年5月24日 07:00

島耕作、『空飛ぶタイヤ』にエール! トップの極意は部下の信頼

島耕作、『空飛ぶタイヤ』にエール! トップの極意は部下の信頼

漫画家・弘兼憲史による『島耕作』シリーズの主人公・島耕作が24日、TOKIO長瀬智也主演の映画『空飛ぶタイヤ』(6月15日公開)に、コメントを寄せた。

同作は、『半沢直樹』『下町ロケット』『民王』など数々のヒット作を送り出し、ドラマ化される度に高視聴率を記録する作家・池井戸潤の同名小説を映画化。トラックの脱輪事故によってバッシングされた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬)は、欠陥に気づき製造元・ホープ自動車を自ら調査するが、そこには大企業のリコール隠しがあった。

今回コメントを寄せた島は、漫画家・弘兼憲史により1983年にコミック誌『週刊モーニング』(講談社)にて開始されたサラリーマン漫画の主人公。電機メーカーの「課長」から始まり、現在は「代表取締役会長」に就任している。

そんな島が赤松社長にエールを送ったのは、兼ねてから池井戸作品に親しんでいたという漫画家・弘兼憲史が同作をいち早く鑑賞し、共感したためだという。弘兼は「社長としての気骨を感じる、いい演技」と赤松社長に扮する長瀬を改めて絶賛した。

さらに、闘う男たちの姿を描いた同作にちなんで、「生存競争はつらいよ 闘う戦士たちへ」川柳コンテストを開催。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.