くらし情報『竹内涼真、自前の黒い着物で凛々しい姿 『龍が如く』実写化に手応え「命をかけて挑んだ」』

竹内涼真、自前の黒い着物で凛々しい姿 『龍が如く』実写化に手応え「命をかけて挑んだ」

竹内涼真、自前の黒い着物で凛々しい姿 『龍が如く』実写化に手応え「命をかけて挑んだ」

Amazon Original ドラマ『龍が如く~Beyond the Game~』(10月25日独占配信)の世界配信決定記者会見が4日に都内で行われ、竹内涼真、武正晴監督が登場した。

同作は、2005年の発売開始以来、多くの作品が制作されている大ヒットゲームシリーズ『龍が如く』から着想を得たオリジナル脚本による実写ドラマ作品。ゲームと同じく実在の歓楽街をモチーフに作られた神室町(かむろちょう)を舞台に、主人公・桐生一馬と、兄弟同然で育った3人の孤児たちの生き様を、1995年と2005年の2つの時間軸を行き来しながらエモーショナルに描いている。義理人情に厚く、強くてカリスマ性のある“伝説の極道”桐生一馬を竹内涼真が演じ、『全裸監督』の総監督を務めた武正晴氏が監督を務める。
○■竹内涼真、『龍が如く』実写化作の主演に「素直にびっくり」

竹内は凛々しい黒い着物姿で登場。「これ自前なんです。この生地を見て一目ぼれをして作ったんですけど、着るタイミングがなくて。そうしたら制作発表が決まって、『じゃあそこで下ろしたほうがいいんじゃないか』と。
ちょうど桐生のイメージともマッチしているので、きょう着させていただきました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.