くらし情報『山田裕貴、『キングダム』敵国キャスト1人だけに寂しさ「心細い」 万極の役作りも明かす』

山田裕貴、『キングダム』敵国キャスト1人だけに寂しさ「心細い」 万極の役作りも明かす

山田裕貴、『キングダム』敵国キャスト1人だけに寂しさ「心細い」 万極の役作りも明かす

俳優の山田裕貴が、13日に都内で行われた映画『キングダム 大将軍の帰還』(7月12日公開)のワールドプレミアに山崎賢人(※崎はたつさき)、吉沢亮、大沢たかお、清野菜名、新木優子、岡山天音、三浦貴大、要潤、高嶋政宏、佐藤浩市、玉木宏、佐藤信介監督とともに登壇した。

同作は、映画『キングダム』シリーズの最新作。前作『運命の炎』から続く隣国・趙(ちょう)との国の存亡をかけた総力戦「馬陽の戦い」のクライマックスが描かれる。
○■山田裕貴、『キングダム 大将軍の帰還』ワールドプレミアに登場

前作で信(山崎)が率いる飛信隊を苦しめた隣国・趙の将軍 万極を演じた山田が、レッドカーペットイベントに登場。「今ここにいらっしゃるのは秦国の皆さん。僕1人だけ趙軍で……敵国の人間で心細いんですが、作品としては皆さん仲間で、力を合わせて作っています」と話し、会場を盛り上げる。

原作ファンでもあるという山田は「自分が映画『キングダム』の中にいる幸せを感じながら、現場にいさせてもらいました。原作の熱いシーンがめちゃくちゃたくさん詰まっているので、たくさんの人に届くといいなと思います」と喜びを語りつつ、作品をアピールした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.