くらし情報『Googleが教育コンテンツのアプリストア「Google Play for Education」発表』

2013年11月14日 11:34

Googleが教育コンテンツのアプリストア「Google Play for Education」発表

Googleが教育コンテンツのアプリストア「Google Play for Education」発表
米Googleは11月13日、教育向けのアプリを集めた「Google Play for Education」を正式に発表した。アプリストア「Google Play」の拡張となり、学校など教育機関や学生をターゲットとしたストアとなる。

Google Playの中で教育向けコンテンツやアプリを集めたストアで、一括購入、アプリの一斉配信などが可能。主として米国のk-12(幼稚園から12年間の義務教育)をターゲットにしている。これにより、教育系コンテンツの開発者はk-12の教育に携わる教師に容易にリーチできるようになるとしている。

すでに生徒の行動改善のための「ClassDojo」、アニメーションや注釈を加えられるホワイトボートツール「Explain Everything」をはじめ「Nearpod」「Socrative」などのアプリが同チャネルを通じて公開されているという。

既存アプリの開発者は、Google Play Developer Consoleを利用してGoogle Play for Educationにリストされるようにマークできる。マークされたアプリは教師によるレビューを受け、承認されるとGoogle Play for Educationで公開されるというステップをとる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.