くらし情報『濱田めぐみ、故・浅利慶太さんに感謝 「舞台でお返ししたい」』

濱田めぐみ、故・浅利慶太さんに感謝 「舞台でお返ししたい」

2018年7月22日 17:53
 

濱田めぐみ、故・浅利慶太さんに感謝 「舞台でお返ししたい」

ONWARD presents 新感線☆RS『メタルマクベス』disc1 Produced by TBSの公開ゲネプロが22日にIHIステージアラウンド東京で行われ、ゲネプロ前に橋本さとし濱田めぐみ西岡徳馬が登場し、取材に応じた。

1996年から2010年まで劇団四季に所属し、看板女優として活躍していた濱田。7月13日に同劇団の創立メンバーの一人で、悪性リンパ腫により85歳で亡くなった演出家・浅利慶太さんについて話が及ぶと、「感謝の気持ちでいっぱいですね。やはり劇団四季は心の故郷でもありますので」と語る。

濱田はさらに「思い出は心に秘めて、お返しするのは舞台の上でと決めているので、その言葉を浅利先生に伝えたいです。いただいたものは舞台で還元していきたいと思います」と決意を明かした。

同作は2006年に劇団☆新感線と宮藤官九郎が初めてタッグを組んでシェイクスピア作品のアレンジに挑んだ作品。舞台を2206年の廃退した近未来と、空前のバンドブームに沸いた1980年代の日本を二重の構造に置き換え、ロックバンドが劇中で生演奏する。2017年3月30日に豊洲にオープンしたIHIステージアラウンド東京で、disc1は橋本&濵田、disc2は尾上&大原、disc3は浦井&長澤のペアが、原典ではマクベス夫妻に当たるランダムスター夫妻を演じる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.