くらし情報『『カメ止め』監督“パクり”否定し告発者へメッセージ「いつか一緒に」』

2018年8月22日 07:00

『カメ止め』監督“パクり”否定し告発者へメッセージ「いつか一緒に」

『カメ止め』監督“パクり”否定し告発者へメッセージ「いつか一緒に」

大ヒット中の映画『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督が21日夜、自身のツイッターを通じ、同日発売の週刊誌『FLASH』が報じた「著作権侵害疑惑」を否定した。

『FLASH』は「独占スクープ 大ヒット映画をめぐる著作権侵害疑惑『カメラを止めるな!』は私の作品を無断でパクった」と題し、「原作」を主張する和田亮一氏の告発を掲載。和田氏は、自身が主宰していた劇団・PEACE(2014年に解散)の舞台『GHOST IN THE BOX!』の内容が、『カメラを止めるな!』の構成をはじめ、多数の類似点があると指摘し、「原案」ではなく「原作」として扱うことを求めている。

上田監督は同舞台から着想を得たことを公言していたが、ツイッターでもあらためて説明。「ただ僕としてはその後自らが脚本・監督・編集して作ったオリジナル作品だと思っています」と「著作権侵害」を否定したが、「和田さんや劇団の方の主張にもしっかり耳を傾け、お互い円満な解決が出来ればと思っています。よろしくお願いします!」と事態の収束を願った。

また、「僕もカメ止めのみんなも元気です」と報告し、「そりゃあちょっとはこたえたけど。でもなんとか元気です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.