くらし情報『稲垣吾郎の“素朴”な魅力、『半世界』阪本順治監督が語る』

2018年9月25日 17:37

稲垣吾郎の“素朴”な魅力、『半世界』阪本順治監督が語る

稲垣吾郎の“素朴”な魅力、『半世界』阪本順治監督が語る

第31回東京国際映画祭(10月25日~11月3日)のラインナップ発表記者会見が25日、都内で行われ、コンペティション部門への出品が決定した『半世界』の阪本順治監督が出席。主演の稲垣吾郎の魅力を語った。

阪本監督の完全オリジナル作品となる同作は、40歳目前という年齢の男3人の視点を通じて、誰もが通るある地点の葛藤と、家族や友人との絆、希望を描くヒューマンドラマ。炭焼き職人の紘(こう)役を稲垣、故郷に帰還する紘のかつての同級生の瑛介役を長谷川博己、紘と瑛介の同級生の光彦役を渋川清彦が演じる。

阪本監督は、同作誕生の経緯について「映画化できなかった企画がいくつかあって、1つは同級生たちの話、1つは炭焼き職人の話。この2本をいつか映画化したいなと思っていて、プラス稲垣吾郎くんが土の匂いのする役をやったらおもしろいんじゃないかと思って、2つのあらすじを1つにまとめて稲垣くんにオファーした」と説明。稲垣とは今回が初タッグだが以前にも会ったことはあったそうで「普段の彼は、テレビで見るような姿ではなく非常に素朴さを感じた。たんたんと炭を焼いている土着の人間が実は似合うんだと予感としてわかっていた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.