くらし情報『松井珠理奈「今は弱い私ですが…」SKE10周年公演で涙ながらにファンに感謝』

2018年10月6日 07:01

松井珠理奈「今は弱い私ですが…」SKE10周年公演で涙ながらにファンに感謝

松井珠理奈「今は弱い私ですが…」SKE10周年公演で涙ながらにファンに感謝

2008年7月に名古屋・栄に誕生したアイドルグループ・SKE48が、5日に劇場デビュー10周年を迎えた。記念日となるこの日、前日の「SKE48 10周年記念特別公演(前編)」に続き「SKE48 10周年記念特別公演(後編)」を開催。唯一の1期生となった松井珠理奈は、涙ながらにファンに感謝した。

この後編は、2013年からSKE48が結成された2008年までをVTRやトーク、そしてその年にまつわる楽曲で振り返る構成。幕が開くと、内山命高柳明音斉藤真木子須田亜香里ら17名が登場し、デビュー当時に数回だけ行いファンの間で伝説となっているovertureダンスバージョンを披露した。続いて、ハイレベルなダンス力を要する「Escape」をパフォーマンスし、オープニングから会場の盛り上がりは最高潮に。

2012年のパートは、5期生の江籠裕奈と古畑奈和が「目が痛いくらい晴れた空」を。また、NHK紅白歌合戦SKE48単独で初出場した際の「パレオはエメラルド」を披露。1期生の曲「神々の領域」では、10年経った今ひとりきりの1期生になった松井珠理奈がソロで登場し、曲間で「今は弱い私ですが…10年間ずっと走り続けて来れたのは、みなさんのお陰です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.