くらし情報『安井謙太郎、初主演映画の舞台挨拶で自然と司会に? 本当のMCも絶賛』

2018年11月14日 19:54

安井謙太郎、初主演映画の舞台挨拶で自然と司会に? 本当のMCも絶賛

安井謙太郎、初主演映画の舞台挨拶で自然と司会に? 本当のMCも絶賛

ジャニーズJr.の安井謙太郎が14日、都内で行われた主演映画『ニート・ニート・ニート』(11月23日公開)の公開直前イベントに、山本涼介、森田美勇人(ジャニーズJr.)、灯敦生、宮野ケイジ監督、三羽省吾(原作者)とともに登場した。

同作は、三羽による同名小説を実写化。現在知英主演『殺る女』も公開中の、宮野ケイジ監督がメガホンを取った。レンチ(安井)・タカシ(山本)・キノブー(森田)という3人のニートと、1人の少女・月子(灯)が、北海道の大自然の中で右往左往する青春ドタバタロードムービーをコミカルに描く。

初主演となった安井だが、長身の山本・森田に囲まれ「両端が180cm越えなので、しゃべるときはちょっとでも前に出て、遠近法にするということを、昨日の夜8時くらいに考えた」と語る。原作者の三羽から、演じた役について「なかなかのクズっぷりで」と感想を言われると、「1番の褒め言葉です。正直不安なところはたくさんあったんですけど、ちょっとずつ自身を持てた」と振り返った。

ヒロインを演じた灯も「自分の出てないシーンを見て、(3人が)こんなにクズなんだ、と思いました。でも愛らしく見える、ただのクズじゃなく、愛せるクズに仕上がっていた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.