くらし情報『武田真治、紅白での筋肉キャラ「受け止めきれない」 本業で爪痕誓う』

2019年1月4日 17:53

武田真治、紅白での筋肉キャラ「受け止めきれない」 本業で爪痕誓う

武田真治、紅白での筋肉キャラ「受け止めきれない」 本業で爪痕誓う

ミュージカル『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』の公開ゲネプロが4日、東京芸術劇場プレイハウスで行われ、開始前に井上芳雄生田絵梨花、霧矢大夢、小西遼生武田真治が登場した。

同作は世界的な名作『戦争と平和』の2巻第5部を中心に、全編にわたり歌で綴る現代的なミュージカルとして2012年に誕生。2016年にブロードウェイへ進出、翌年のトニー賞では最多12部門でノミネートされた話題作の日本初演となる。上演は東京芸術劇場にて、1月5日〜27日。

NHKの体操番組『みんなで筋肉体操』ですっかり「筋肉キャラ」として定着した武田が、筋肉シーンの有無を聞かれると、井上が「あります!」とジョークを飛ばす。「僕も触れ合うシーンがあるんですけど、この辺りの筋肉(二の腕)がすごいですから。テンション上がってきたらあるかもしれない」と井上が示すと、武田は「座長、俺の感情で脱ぎ着勝手にしていいの!?」とつっこみ、「すいません、これに関しては、ないです」ときちんと訂正していた。

また、2019年の目標について聞かれた武田は「若干最近、本業を見失いつつあるので、この作品でしっかりと演劇界に爪痕を残して、もう一度シフトを戻したい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.