くらし情報『瑛太、時代劇俳優に意欲「楽しんでいただけるエンターテイメントに」』

2019年1月20日 13:45

瑛太、時代劇俳優に意欲「楽しんでいただけるエンターテイメントに」

瑛太、時代劇俳優に意欲「楽しんでいただけるエンターテイメントに」

公開初日を迎えた時代劇専門チャンネル開局20周年作品 映画『闇の歯車』(時代劇専門チャンネルでは2月9日に20:00~放送)の舞台あいさつが19日、都内で行われ、瑛太緒形直人山下智彦監督が出席した。

時代劇専門チャンネル開局20周年作品として製作された本作は、藤沢周平が犯罪という人間のダークサイドに切り込んだサスペンス時代小説『闇の歯車』の映像作品。江戸時代の江戸・深川を舞台に、謎の男・伊兵衛(橋爪功)の呼びかけで集まった4人の男(瑛太緒形直人大地康雄中村蒼)が、現金強奪という犯罪に身を染めて人生の歯車が静かに狂い始める、というストーリーだ。

この日は伊兵衛役の橋爪功が体調不良のため欠席。舞台あいさつの冒頭でそのことが観客に報告されると瑛太は「体調不良というのは本当なんですか? だいたい、こういう時の体調不良って何かしらの原因だったりするじゃないですか」とMCに尋ねると、MCから舞台の稽古中に体調が悪くなったと説明を受けて「僕も舞台の稽古中なんですよ」と不満顔も客席は爆笑の渦に。

続けて、本作で初共演を果たした橋爪からの手紙が朗読され、「また一緒にやりたい。時代劇で一緒にやれたらと撮り終えて思いました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.