くらし情報『『君の名は。』ハリウッド実写版の監督にマーク・ウェブ 川村P「第一希望」』

2019年2月15日 10:03

『君の名は。』ハリウッド実写版の監督にマーク・ウェブ 川村P「第一希望」

『君の名は。』ハリウッド実写版の監督にマーク・ウェブ 川村P「第一希望」

大ヒットを記録した新海誠監督のアニメーション映画『君の名は。』(2016年)のハリウッド版実写映画の監督が、『(500)日のサマー』『アメイジング・スパイダーマン』のマーク・ウェブに決定したことが15日、明らかになった。

東宝がパラマウント・ピクチャーズとバッド・ロボットと共同開発を進めているハリウッド版実写映画は、バッド・ロボットのJ・J・エイブラムスとリンジー・ウェバーがプロデュースを担当し、脚本は『メッセージ』で2017年度アカデミー賞脚色賞にノミネートされたエリック・ハイセラーが手がける。そして、アニメ版映画の川村元気プロデューサーが今作でもプロデューサーとして参加している。

川村プロデューサーは「『君の名は。』のハリウッドでの実写映画化において、われわれが第一希望としていたマーク・ウェブ監督が決定したことに興奮しています。『(500)日のサマー』に代表されるラブストーリーの名手であるマーク・ウェブ監督が、この作品を新しい切り口でさらなる高みに連れて行ってくれることを確信しています。プロデューサーにJ・J・エイブラムス、脚本にエリック・ハイセラー、そして監督にマーク・ウェブと最強のチームが完成したと思っています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.