くらし情報『水樹奈々の“キャプテン・マーベル”を竹中直人絶賛「圧倒された」』

2019年3月13日 21:16

水樹奈々の“キャプテン・マーベル”を竹中直人絶賛「圧倒された」

水樹奈々の“キャプテン・マーベル”を竹中直人絶賛「圧倒された」

マーベル・スタジオ最新作『キャプテン・マーベル』(3月15日公開)のジャパンプレミアが13日、東京・TOHOシネマズ六本木で行われ、日本語吹き替え版で主人公キャプテン・マーベルの声を演じた水樹奈々と、ニック・フューリーの声を演じた竹中直人が登壇した。

マーベル初の女性ヒーロー単独主役として注目されている同作の主人公キャプテン・マーベル(ブリー・ラーソン)は、過去の記憶を失ったミステリアスなヒーローで、“アベンジャーズ”誕生の鍵を握るキャラクター。彼女の記憶に仕掛けられた衝撃の事実を巡るサスペンスフル・アクションとなっている。

水樹は「本当に光栄に思っています。昨年オーディションがありまして、合格の知らせを受けたときは本当にうれしかったです」と興奮気味に語り、「これまでアニメ作品でも数々の強い女性を演じてきましたが、たぶん彼女が最強なんじゃないかなと思っています」とコメント。「アフレコ前はブリー・ラーソンさんと同じように腹筋をして、体を作って、しっかりご飯を食べて、全力で思いをぶつけました」と明かした。

また、これまでのマーベル作品にはない新しさについて、水樹は「まずは、単独作品としてはマーベル初の女性ヒーロー誕生ということで大きく違うというのと、記憶を失っているヒーローというのはこれまでの女性ヒーロー像とは違うところがある」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.