くらし情報『眞栄田郷敦、兄・新田真剣佑から背中を押されて俳優デビュー』

2019年3月14日 11:00

眞栄田郷敦、兄・新田真剣佑から背中を押されて俳優デビュー

眞栄田郷敦、兄・新田真剣佑から背中を押されて俳優デビュー

5月24日公開の映画『小さな恋のうた』の完成報告会見が13日、都内で行われ、佐野勇斗、森永悠希山田杏奈、眞栄田郷敦(まえだ ごうどん)、鈴木仁、トミコクレア、世良公則橋本光二郎監督が出席した。

20年経った今もなお、世代・性別を問わず愛され、歌われ続けるMONGOL800の名曲「小さな恋のうた」をモチーフにした物語を映画化した本作。沖縄の小さな街を舞台に、バンド活動を通じて音楽という絆で結ばれた高校生たちの青春を描く。

佐野をはじめ、劇中でバンドを組む高校生を演じたキャスト陣は、クランクイン前の半年前から楽器の練習をしてから撮影に臨んだという。ベースを担当した佐野は「半年前から準備することってなかなかないので、実際に本編で弾くことは挑戦だなと思いました。でも半年の練習があったからこそ5人のバンドメンバーの絆が深まって、バンド感も出ていると思います。死に物狂いでやりました」と自信。ギター未経験の山田も「皆さんと一緒に練習することで切磋琢磨じゃないですけど、同じギターの眞栄田さんが1回目の時にすごく上達していて、これはヤバイぞと思って焦ってやりました。他の方と一緒にやったからこそ、森永さんと目が合う時が楽しかったです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.