くらし情報『横山裕、20年ぶり忠臣蔵作品 『決算!忠臣蔵』本格的な殺陣にも初挑戦』

2019年3月18日 07:00

横山裕、20年ぶり忠臣蔵作品 『決算!忠臣蔵』本格的な殺陣にも初挑戦

横山裕、20年ぶり忠臣蔵作品 『決算!忠臣蔵』本格的な殺陣にも初挑戦

アイドルグループ・関ジャニ∞横山裕が、堤真一岡村隆史がW主演を務める映画『決算!忠臣蔵』(2019年冬公開)に出演することが18日、明らかになった。

同作は山本博文による『「忠臣蔵」の決算書』をもとに実写化。赤穂藩藩主・浅野内匠頭の切腹とお家断絶により、筆頭家老・大石内蔵助(堤)は、勘定方・矢頭長助(岡村)の力を借り、リストラに励む。さらに、江戸の庶民による討入りの期待を受けるが、討入りするには9,500万の予算が必要だった。

1999年のTVドラマ『赤穂浪士』(テレビ東京)で大石主税を演じて以来、20年ぶりの忠臣蔵作品への出演となる横山は、赤穂浪士・不破数右衛門を演じる。皆が認める凄腕ながら不調法者で、浅野家より暇を出され浪人となり、塩問屋の用心棒などで生計を立てていたが、藩主・浅野内匠頭の切腹や藩のお取り潰しを知り、大石内蔵助のもとへ馳せ参じ、赤穂浪士の一員として討入りの中心メンバーとして活躍していく。純粋な心を失わず、何があっても堤演じる内蔵助を愚直なまでに信じ、皆をまとめていく優しくも熱い男を演じる。

横山はクランクイン前から殺陣の稽古に挑むなど気合十分で、その腕前は殺陣師の先生が驚くほど。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.