くらし情報『「NGT48山口真帆 暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録 第6回 山口真帆の謝罪、否定したAKS松村氏の言い分「すごく気にしていた」』

2019年3月25日 08:28

「NGT48山口真帆 暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録 第6回 山口真帆の謝罪、否定したAKS松村氏の言い分「すごく気にしていた」

「NGT48山口真帆  暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録 第6回 山口真帆の謝罪、否定したAKS松村氏の言い分「すごく気にしていた」

新潟を拠点に活動するNGT48のメンバー・山口真帆への暴行事件に関する第三者委員会の調査結果を受け、同グループを運営するAKSが22日、新潟市内で会見を開いた。出席者は、AKS運営責任者兼取締役・松村匠氏、劇場支配人・早川麻衣子氏、副支配人・岡田剛氏の3名。本企画(「NGT48山口真帆 暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録)では、時系列に沿って発言をまとめていく。第6回は、開始110分頃から130分頃まで。

○■記者との一問一答の続き

――減給処分松村氏、大村拓也氏の2人?

松村:はい、そうでございます。

――減給30%で。

松村:約30%です。無期限ということでございます。

――劇場はいつから休館しているのか。

早川:3月中旬からだと思います。

――もうすでに休館になっている状態なのか。

早川:すでに休館というか、決めたのが報告書が出て来た時に、3月で一旦休館しようと。それまで3月のスケジュールが出ていなかったので。この報告書を見て、メンバーとしっかり話をしたいと思ったので、スケジュールは入れずに休館にしようという話になりました。

――劇場外での活動は?

早川:今レギュラーでお仕事を頂いている以外のものに関しては、未定になっております。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.