くらし情報『岡田准一、"家では全裸”設定に腹くくる? 青木源太アナの質問にたじたじ』

2019年5月13日 20:22

岡田准一、"家では全裸”設定に腹くくる? 青木源太アナの質問にたじたじ

岡田准一、"家では全裸”設定に腹くくる? 青木源太アナの質問にたじたじ

映画『ザ・ファブル』(6月21日公開)の完成披露試写会が13日に都内で行われ、岡田准一木村文乃山本美月福士蒼汰柳楽優弥向井理安田顕佐藤浩市木村了江口カン監督が登場した。

同作は、単行本累計部数200万部突破、2017年度講談社漫画賞を受賞した、南勝久による人気漫画を映画化。圧倒的な強さと的確な手腕で狙った相手を6秒以内で必ず仕留める「天才的な殺し屋」として裏社会で恐れられる通称“ファブル”(岡田)が「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人・佐藤アキラとして普通の生活を送ること」を命令され、日常世界で暮らさなければならなくなる。

「もともと現代物のアクションがやりたくて20代の頃に格闘技とかを始めたので、嬉しかったです」と語る岡田。演じたファブルが「家では裸」という設定のため、MCの青木源太アナウンサーから「セクシーなシーンが……」と話題を振られると、「セクシーかなあ? 原作でやってるので、やると決めたからには、脱ぎました。現場ではバスローブ入りが多かったんですよ。それはもう、初めての経験で。昔、1作そういうのやりましたけど……『岡田さん入ります』と言われたらバスローブで」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.