くらし情報『伊礼彼方、もっとミュージカルを「気軽に」 異色タッグのアルバム語る(後編)』

2019年7月11日 12:00

伊礼彼方、もっとミュージカルを「気軽に」 異色タッグのアルバム語る(後編)

伊礼彼方、もっとミュージカルを「気軽に」 異色タッグのアルバム語る(後編)

●『テニミュ』で人気も「勘違いしちゃいかん」
数々の舞台に出演し、現在は全国ツアー公演中のミュージカル『レ・ミゼラブル』でジャベール役を演じている俳優の伊礼彼方が、ミュージカル・カバー・アルバム『Elegante』を発売した。実はこのアルバム、お笑い芸人藤井隆が2014年に設立した音楽レーベル「SLENDERIE RECORD」から発売されており、プロデュースも藤井が行なったという異色のアルバムとなっている。

今回は、なぜ藤井プロデュースによるアルバムが発売されたのか、そして伊礼の俳優・ミュージカルへの思いについてインタビュー。前・後編に渡ってお届けする。

○■ファンの言葉に感動

――現在帝国劇場で上演中の『エリザベート』で、トートのナンバーである「最後のダンス」も収録されていますが、伊礼さんが叫ぶように歌われているのが印象的でした。

僕は音楽の入口としては実はフォークなんですが、もともとロックやパンクが大好きで、喉をアルコールで消毒してガラガラにしたかったくらい。だから「最後のダンス」も、もっとロックよりな表現ができるんじゃないかな、と思って、挑戦してみました。海外での『エリザベート』はわりとロック調で歌っている方もいるのですが、今までで1番近かったのは、僕がルドルフ役として出演させていただいた武田真治さんのトートですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.