くらし情報『山崎賢人、映画『二ノ国』声優初挑戦で苦労も「命を吹き込めたら」』

2019年8月25日 16:30

山崎賢人、映画『二ノ国』声優初挑戦で苦労も「命を吹き込めたら」

山崎賢人、映画『二ノ国』声優初挑戦で苦労も「命を吹き込めたら」

アニメーション映画『二ノ国』の公開記念舞台あいさつが24日、都内で行われ、山崎賢人、新田真剣佑永野芽郁宮野真守津田健次郎坂本真綾梶裕貴百瀬義行監督、製作総指揮/原案・脚本の日野晃博が出席した。

本作で声優初挑戦となった山崎賢人。「夢のようなチームで特別な作品になりました。初めて脚本を読んだ時は鳥肌が立ちましたね」と作品に感動したようで、本作のアフレコについては「普段は身体と声、顔や動きでやっていますが、(声優業は)本当にプロフェッショナルな仕事だと思い、すごく難しかったですね」といつもとは異なる表現方法に戸惑ったという。とはいえ、声優の梶裕貴に相談したことでヒントを得たといい、「感情が大事だというお話をされていましたので、思い切って感情で生きている人間に命を吹き込めたらいいなという感覚で一生懸命頑張りました」とやり切った様子だった。

山崎が演じたユウの親友・ハルの声を新田真剣佑が担当。「僕も普段は身体と顔でしかお芝居をしていません。初日が一番役が掴めず難しくて、その日の最後に慣れてきて役に馴染めてきました。前半終わったシーンをもう一度アフレコをし直しました」と徐々に声優業のコツを掴んだという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.