くらし情報『小栗旬に甘える成田凌は、ゴールデン・レトリバー!? 芝居でも信頼感』

2019年9月15日 12:00

小栗旬に甘える成田凌は、ゴールデン・レトリバー!? 芝居でも信頼感

小栗旬に甘える成田凌は、ゴールデン・レトリバー!? 芝居でも信頼感

小説家・太宰治の遺作にして傑作である『人間失格』の誕生秘話を、小栗旬演じる太宰治を通して描いた、蜷川実花監督の最新作『人間失格 太宰治と3人の女たち』(9月13日公開)。太宰を愛した3人の女たち(宮沢りえ沢尻エリカ二階堂ふみ)の目線から、事実をもとにしたフィクションとして映画化された。

今回は主演の小栗と、太宰を支えた編集者・佐倉を演じた成田凌にインタビュー。天才作家でありながら、酒と恋に溺れた自堕落な生活を送り、自殺未遂を繰り返した果てに、愛人と川に身を投げる……という太宰と、彼を軽蔑しながらも圧倒的な才能を尊敬せずにはいられなかった佐倉を演じた2人に、作品や互いの印象について聞いた。

○■「お前を犬だと思ってる」

――今回、太宰治とその編集者という役で共演されて、ぜひお互いの印象について教えてください。

小栗:成田くんの印象かあ。

成田:小栗さんからいただいたのは、「俺はお前を犬だと思ってる。ゴールデン・レトリバー」という言葉でした。

小栗:成田くん、ゴールデン・レトリバーに似てませんか? ちょっと犬っぽい顔してるでしょう? なんかそんな感じ(笑)。キャラクターも、ちょっと犬っぽいかもしれない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.