くらし情報『是枝監督、日仏の壁を越え「ほぼ思い通り」の海外初演出! J・ビノシュと秘話語る』

2019年10月12日 17:00

是枝監督、日仏の壁を越え「ほぼ思い通り」の海外初演出! J・ビノシュと秘話語る

是枝監督、日仏の壁を越え「ほぼ思い通り」の海外初演出! J・ビノシュと秘話語る

第71回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作『万引き家族』(18)の是枝裕和監督にとって初の国際共同製作映画となる『真実』が10月11日に公開を迎えた。本作で来日した世界的スター、ジュリエット・ビノシュと是枝監督を直撃し、日仏合作映画ならではの制作秘話や、大女優カトリーヌ・ドヌーヴとの撮影エピソードを語ってもらった。

ドヌーヴが演じる主人公は、奔放でわがままな大女優ファビエンヌ。彼女の自伝の出版祝いに、アメリカ在住の娘リュミール(ジュリエット・ビノシュ)一家が、フランスに住む母を訪ねてくる。そこで、母と娘の間に隠された“真実”が明かされていく。

本年度のヴェネチア国際映画祭で、日本人監督初のコンペティション部門オープニング作品として上映された本作。日本語吹替版声優は、ファビエンヌ役を宮本信子が、リュミール役を宮崎あおい、リュミールの娘、シャルロット役を『万引き家族』の佐々木みゆが務めた。

――是枝監督は本作で、女優というものをとことん掘り下げつつ、母と娘の葛藤など、女性の心のひだをとても繊細に描いています。男性の是枝監督が、どうすればこんなにリアルな女性像を紡ぎ上げることができるのでしょうか?

ビノシュ:それは是枝監督が、男装した女性だから(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.