くらし情報『嵐、新国立競技場公演に喜び「夢の舞台」「今からワクワク」』

2019年11月3日 14:40

嵐、新国立競技場公演に喜び「夢の舞台」「今からワクワク」

嵐、新国立競技場公演に喜び「夢の舞台」「今からワクワク」

2020年末での活動休止を発表しているアイドルグループ・嵐が、デビュー20周年を迎えた3日、都内で会見。11月末に竣工する国立競技場で2020年5月15日・16日にコンサートを開催することを発表し、それぞれ意気込みを語った。

2008年より改修工事に入るまでの6年間、旧国立競技場において毎年コンサートを開催していた嵐。新たに生まれ変わった国立競技場においても、ぜひコンサートを行いたいというメンバーの強い思いに多くの人たちが賛同し、単独アーティストとしては初の国立競技場でのコンサート開催が決定した。なお、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会より、開閉会式会場としてのオペレーションの確認を兼ねるという前提条件を提示されたという。

櫻井翔は「6年間、国立競技場でやらせていただいたので特別な思いがありました」と強い思いを明かし、「夢の舞台に立つことができるということでとても光栄ですし、あそこでの景色は特別なのでファンの皆さんにあの景色を一緒に見てもらいたい」としみじみ。大野智は「6年間いろんな演出もさせていただいた」と振り返った上で、「以前、フライングをしたんですけど、そういうこともあるかも」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.