くらし情報『流行語大賞候補に「あな番」「翔んで埼玉」など、ラグビーから5語』

2019年11月6日 14:00

流行語大賞候補に「あな番」「翔んで埼玉」など、ラグビーから5語

流行語大賞候補に「あな番」「翔んで埼玉」など、ラグビーから5語

毎年恒例の「『現代用語の基礎知識』選 2019ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネートが6日に発表され、「あな番(あなたの番です)」「翔んで埼玉」「パプリカ」「闇営業」といったエンタメ分野の言葉や、ラグビー関連の言葉など30語が選ばれた。トップテンと年間大賞は、12月2日に発表される。

「あな番(あなたの番です)」は、原田知世田中圭のW主演で4月から9月の半年にわたって放送された日本テレビ系ドラマ。交換殺人ゲームを題材に描き、ネット上では視聴者による「考察合戦」が大いに盛り上がり、最終回の視聴率は日テレ日曜ドラマ最高の19.4%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)に達した。田中は、昨年のトップテンに選ばれたドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)でも主演を務めている。

「翔んで埼玉」は、GACKT二階堂ふみのW主演で、埼玉県をディスるギャグテイストが地元・埼玉を中心に全国的なヒットに。興行収入は37億円を突破した。

「パプリカ」は、米津玄師が作詞・作曲・プロデュースする、NHKの「2020応援ソングプロジェクト」の楽曲。5人の子どもユニット「Foorin」が踊るダンスが子どもたちに人気となり、今夏、米津本人がセルフカバーして話題となった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.