くらし情報『広瀬すず、『ルパン三世』の劇場版に出演して「ドキドキどころじゃなかった」』

2019年11月12日 09:45

広瀬すず、『ルパン三世』の劇場版に出演して「ドキドキどころじゃなかった」

広瀬すず、『ルパン三世』の劇場版に出演して「ドキドキどころじゃなかった」

12月6日公開の映画『ルパン三世 THE FIRST』の完成披露舞台あいさつが11日、都内で行われ、栗田貫一小林清志浪川大輔広瀬すず藤原竜也山崎貴監督が出席した。

1971年にTVアニメ化されて以来、老若男女問わず人気を誇る『ルパン三世』。23年ぶりの劇場版となる本作は、VFXの第一人者である山崎貴監督がメガフォンをとり、シリーズ初となるフル3DCGアニメーションでルパンらの活躍を描く。声優を担当するのは、ルパン三世栗田貫一らレギュラー陣に加え、ゲスト声優として考古学を愛するニューヒロイン・レティシア役を広瀬すず、謎の男・ゲラルトを藤原竜也が担当している。

ルパンの初代声優・山田康雄氏の急逝で1995年公開の映画『ルパン三世 くたばれ! ノストラダムス』からルパン三世の声を担当している栗田は「皆さんより先に見たんですが、すごいんですよ。こんな風になるんだと驚きましたね。この作品を残せることは名誉だと思います。見どころは全部。こんな作品ないよね」と自信を見せた。

栗田が演じたルパン三世が大好きだという広瀬は「ドキドキどころじゃなかったです。自分がこの作品をやるのがおこがましいと思いながらも楽しかったんですけど、ドキドキしてました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.