くらし情報『数百万円から数万円まで。気に入ったアートが買える「G-tokyo」って何だ?』

2012年2月24日 23:45

数百万円から数万円まで。気に入ったアートが買える「G-tokyo」って何だ?

数百万円から数万円まで。気に入ったアートが買える「G-tokyo」って何だ?
25日、26日の2日間、森アーツセンターギャラリーでは、「G-tokyo」と題して、東京15の画廊が出展するアートフェアが開催される。

「G-tokyo」は、2010年から開催され、今年で3回目。

このアートフェア「G-tokyo」は、画廊が集結していることもあり、鑑賞するだけでなく、気に入った作品があれば、その場で購入が可能。

作品の値段は数百万~数万円となっている。

さらに、場所や空間全体が作品となっている「インスタレーション」も展示されており、同様に購入ができる。

インスタレーションで言うと、例えば、「タロウナス」という画廊では、イギリス人と日本人のハーフである「Simon Fujiwara」作『SAN SHIMON』(300万円)という作品を展示。

『SAN SHIMON』とは、グアテマラの密教の神で、現地では多くの像が祭られている。

作品では、像の顔を本人に変え作成されている。

また、「ミヅマアートギャラリー」という画廊では、「棚田康司」作『ナギ』、『ナミ』(各630万円)という作品を展示。

作品は、一本のクスノキの木からできており、表面の形状が、海の波をイメージして作成されている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.