くらし情報『とうきょうスカイツリー駅リニューアル - 先進性と下町の伝統生かした駅に』

2012年4月21日 07:45

とうきょうスカイツリー駅リニューアル - 先進性と下町の伝統生かした駅に

とうきょうスカイツリー駅リニューアル - 先進性と下町の伝統生かした駅に
東武鉄道は20日、とうきょうスカイツリー駅にてリニューアルオープン式典を行った。

東京スカイツリータウンの玄関駅として、先進性と下町の伝統を生かしたデザインの駅に生まれ変わった。

今回のリニューアルで改札口が増設され、浅草駅寄りの正面改札はこの日から供用開始。

コンコースには、澄川喜一氏のデザインによる駅パブリックアート「TO THE SKY」が設置されている。

ホームの膜屋根は、1897年カーネギー社製のレールなど、改修前のホーム屋根の骨組を生かしたデザインで、自然光を取り入れた明るい空間に。

東京スカイツリータウンにも導入される地域冷暖房システムを駅コンコースの空調に活用するなど、快適に利用できる駅となった。

鉄道利用や東京スカイツリータウン観光の案内を担う「ステーションコンシェルジュ」も配置されるという。

リニューアルオープン式典には、東武鉄道代表取締役社長の根津嘉澄氏、東京タワースカイツリー取締役社長の鈴木道明氏、駅パブリックアート「TO THE SKY」をデザインした澄川喜一氏らが出席。

東京スカイツリー公式キャラクター「ソラカラちゃん」や押上・業平橋地区活性化協議会キャラクター「おしなりくん」も駆けつけ、とうきょうスカイツリー駅のリニューアルを祝った。

【拡大画像を含む完全版はこちら】

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.