くらし情報『これでもうイラつかない? 長期使用でもご飯がくっつかない新「しゃもじ」』

2012年5月15日 18:46

これでもうイラつかない? 長期使用でもご飯がくっつかない新「しゃもじ」

これでもうイラつかない? 長期使用でもご飯がくっつかない新「しゃもじ」
ヤマモトは、通常のエンボス形状を雪だるまのようなW突起とすることで、ご飯の「くっつかない効果」が持続する画期的なしゃもじ「W de つかないしゃもじ」を開発した。

東急ハンズ等にて販売される。

価格は399円。

従来のエンボス付のしゃもじでは、「くっつかない」とうたっているものの、長期間使用している間に表面に洗い傷がつくことで、次第にご飯がついてしまうという問題点があった。

同製品は、従来品の突起の上にさらに小さな突起をつけた、雪だるまのような形に加工したのが特徴となっている。

上の突起部分は、わずか直径0.6mm。

ご飯に限りなく「点」に近い面積で触れるため、しゃもじにくっつきにくいという仕組みだ。

炊きたての新米や水分を多く含んだやわらかいご飯でも、効果は発揮されるとのこと。

耐久性にも優れていて、食器洗浄機などで長期間使用してもその効果が長持ちするという。

また、抗菌剤を配合。

両面リブによって横置きしても、ご飯をすくうへら部分が机などにつかないため、清潔である。

さらに、小カド付なので、ご飯をお弁当箱などのカドに詰めやすく、ご飯がつぶれにくい薄型設計だ。

材質はポリプロピレン(日本製)。

実用新案登録、意匠登録済み。

【拡大画像を含む完全版はこちら】

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.