くらし情報『「全商品リサイクル活動」300万着の洋服を難民キャンプへ - ユニクロ』

2012年6月18日 20:22

「全商品リサイクル活動」300万着の洋服を難民キャンプへ - ユニクロ

「全商品リサイクル活動」300万着の洋服を難民キャンプへ - ユニクロ
ファーストリテイリングは、このほどUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)から、世界の難民に衣類を届けたいという要請を受け、全国のユニクロ店頭にて着なくなったユニクロ、ジーユーの服を集めている。

300万着を集め、世界各地の難民キャンプに届けるという。

同社は、2011年2月にUNHCRとグローバルパートナーシップを結び、全商品リサイクル活動を中心に、世界の難民問題に取り組んでいる。

今回の活動もUNHCRから要請を受けたもので、8月末をめどに300万着の服を集め、秋から冬にかけて、同社がケニア、エチオピア、南スーダン、ネパール、キルギス、世界各地のアフガン難民やソマリア難民のキャンプなどへ届ける。

この300万着に向けての回収活動は、ユニクロの米国、韓国、香港、シンガポール、フランス、英国の全店でも実施する。

集めている服は、着なくなったユニクロ・ジーユーの服。

店頭では通年で服を集めているが、今、難民キャンプなどで必要なものは、寒い冬を乗り切るための防寒着(ヒートテック、フリース、ダウンなど)、夏服(気温の高いアフリカ地域で必要なTシャツ、ポロシャツなど)、子供服(子供たちの病気やけがを防ぐこともできるシャツ、ズボン)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.