くらし情報『「お金」に興味を持つという事 - セゾン投信・中野社長の半生記 (17) 日本の「投資信託」もすでに50年以上の歴史 - その”独自”の成り立ちとは?』

2012年9月4日 10:11

「お金」に興味を持つという事 - セゾン投信・中野社長の半生記 (17) 日本の「投資信託」もすでに50年以上の歴史 - その”独自”の成り立ちとは?

「お金」に興味を持つという事 - セゾン投信・中野社長の半生記 (17) 日本の「投資信託」もすでに50年以上の歴史 - その”独自”の成り立ちとは?
バンガードという会社は今もって創業者ジョン・ボーグル氏の運用哲学を徹底して貫く、頑固な独立系運用会社です。

米国の投資信託業界は、バンガードのみならずアメリカンファンズのキャピタルやフィデリティ、他にもフランクリン・テンプルトンやT.ロウ・プライス、債券運用で有名なピムコなどなど、キラ星の如く創業者の運用理念を踏襲する独立系がしっかりと根付いていて、彼らが提供し数十年にわたって元気に資金が入り続ける長期投資ファンドが残高上位にズラリと君臨しています。

片や日本の投資信託業界はというと、それとは全く違う構造とヒエラルキーで成り立っており、個人投資家の資産運用という観点では実に彼我の差が歴然です。

日本の投資信託にも既に50年以上の歴史があるのですが、米国との大きな違いは、まず投資信託業界自体の成り立ちにさかのぼるべきでしょう。

我が国に証券投資信託法が、施行されたのは1951年、そして最初に投資信託会社として発足したのが野村、日興、山一、大和の各証券会社だったのです。

この4社、なつかしいですね。

戦前からバブル崩壊まで長きにわたって証券業界に君臨してきた証券4社でそろって、投資信託業務を開始したのでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.