くらし情報『ペットの食事に悩む飼い主は約5割。「食べない」「好き嫌い」が主な悩み』

2012年10月26日 14:38

ペットの食事に悩む飼い主は約5割。「食べない」「好き嫌い」が主な悩み

ペットの食事に悩む飼い主は約5割。「食べない」「好き嫌い」が主な悩み
ペット&ファミリー少額短期保険はペットを飼っている20~70代の男女を対象に、「ペットの食事に対する意識調査」を実施した。

調査は10月12日から10月14日にかけて行い、有効回答数は1,221人だった。

最初に、ペットの食事に対してどんなことで悩んだことがあるかを聞いたところ、一番多かった回答が「フードの好き嫌い(52.5%)」だった。

2位は「フードを食べない(36.3%)」だが、「フードの食べすぎ(20.0%)」という回答も多い。

飼い主が、ペットに食事を与えることに苦労している様子がうかがえる。

そのような悩みに対し、どのように工夫をしているのか尋ねた。

すると、「数種類のドライフードやウェットフードを混ぜ合わせる」「色々な食材をトッピングして出す」「犬の口とのどが平行になるように、器を高い位置に置いて食べやすいようにする」などのコメントが寄せられた。

「ペットに普段どんな食事を与えていますか?」という質問では、「ドライ(ウェット)フード」を選んでいる方が85.3%と大多数を占めた。

一方、手作り食を与える人は19.4%。

特に犬の飼い主はその割合が高く、25.9%が手作りのフードを与えているという結果が出た。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.