くらし情報『お部屋探し広告の「これだけはチェックしたいポイント10」_ 後編』

2012年12月13日 23:11

お部屋探し広告の「これだけはチェックしたいポイント10」_ 後編

お部屋探し広告の「これだけはチェックしたいポイント10」_ 後編
入居者募集広告では、宣伝のためにいろいろなからくりがある、と聞きます。

そのチェックポイントの後編、4番目以降をお届けします。

「快適で安全な一人暮らし」をテーマに活躍する不動産アドバイザーで宅地建物取引主任者である穂積啓子さんにお話を伺いました。

【これだけはチェックしたいポイント10_前編はこちら】

■部屋の面積が広告の表示より狭いのはなぜ!?
4)面積――専有面積って何?ベランダも含まれる?

穂積さん:マンションやアパートなど集合住宅は、「専有(せんゆう)スペース」と「共有スペース」とに分かれます。

専有スペースとは、自分が専有できる場所、つまり自分の部屋のことです。

共有スペースとは、玄関や廊下、駐車場、駐輪場を指します。

実はベランダは、緊急のときの避難通路になるため、共有スペースになります。

つまり、広告にある専有面積の数字には、ベランダは含まれません。

――20㎡と聞いて計測したら、18.5㎡しかなかったのですが?
穂積さん:専有面積積の測り方は、「壁芯(かべしん)面積」と、「内法(うちのり)面積」の2種類があります。

壁芯面積とは、部屋を真上から見たとして、壁のまん中から広さを測るという方法です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.