くらし情報『「小判」ほしくないですか?』

2012年12月17日 17:07

「小判」ほしくないですか?

「小判」ほしくないですか?
小判ほしくないですか? 山吹色のずっしりした小判。

人はどうも金色の物に弱いようです。

この小判、いくらぐらいで買えるものでしょうか。

中野ブロードウェイで『野崎コイン』を営んでいる社長の野崎茂雄さんにお話を伺いました。

――「小判」はいくらぐらいで買えるものでしょうか?それはピンキリなんですが、一般的に入手しやすい小判というのは8種類ぐらいですね。

一番安いのは「万延小判」で、10万円ぐらいからで買えます。

――やはりそれぐらいはするものなんですね。

本物の小判はそれぐらいからですね。

レプリカとかニセモノだと安く買えるでしょうけれども。

――鑑定書みたいなものは付いているのでしょうか。

それは付いていたり付いていなかったりします。

お店独自の鑑定書を付けたりすることもありますし。

――鑑定書付きだと値段が上がったりするでしょうか?そうですねえ、5,000円-2万円ぐらい価格が上がるでしょうか。

万延小判(通称:ひな小判)1860年発行
縦35mm横20mm
時代刻印はありません
3.3g
金品位:57.4%
10万円~
天保小判1837年発行
縦60mm 横30mm
裏面に「保」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.