くらし情報『エビ天を美しくつくる方法』

2012年12月30日 07:03

エビ天を美しくつくる方法

エビ天を美しくつくる方法
大晦日に、1年の締めくくりとしていただく年越しそば。

使用する具材は家庭によってさまざまだろうが、豪華にエビ天! という人も多いだろう。

ここでは、ピンッとのびた「美しいエビ天」のつくり方を紹介する。

おいしく見栄えのする年越しそばで、2012年を締めくくろう。

まず美しいエビ天の条件として、人気ブロガーの筋肉料理人さんは以下を挙げる。

・スラリと伸びたエビ・年越しそば用ということで、そばつゆを含んでおいしくなるよう、やや厚めの衣に仕上げる。

そばつゆから出てる部分はカリッと、つゆがしみ込んだ部分は柔らかく、ほろほろと崩れるように。

・年越しにふさわしい美しい揚げ色。

衣は黄金色に輝き、尻尾は赤く鮮やかに。

ということで、実際につくり方をご紹介しよう。

材料(2人分)
エビ(ブラックタイガーなど大きめのもの) 4尾 / 日本酒 大さじ2 / 薄力粉 適量
天ぷら衣(薄力粉 1カップ / 冷水 180ml / 溶き卵 大さじ1)
※天ぷら衣はつくりやすい分量を掲載しているため、多めのレシピとなりますつくり方まずはエビの下ごしらえ。

エビは背を丸めるようにして手に持ち、頭から2~3節目くらいの殻の隙間に竹串を刺し、背わたをそっと引き抜く。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.