くらし情報『【COBCOB世論調査】資格に必要なお金っていくら?』

2012年1月26日 14:00

【COBCOB世論調査】資格に必要なお金っていくら?

【COBCOB世論調査】資格に必要なお金っていくら?長引く不況を見越してか、1月14、15の両日に行われた大学入試センター試験では、就職に有利とされる理系や資格に結び付く学部に人気が集まったようです。平成24年3月に大学を卒業する学生の内定率が59.9%(平成23年10月1日時点)というデータ(※1)を考えると、学生だけでなく、就職や昇進、転職に有利になるよう資格を身に付けたいという人も多いでしょう。今回は資格に必要なお金を取り上げてみました。※1平成23年度「大学等卒業予定者の就職内定状況調査」(厚生労働省)
■若手ビジネスパーソンに人気の資格は?

資格には国家資格、公的資格、民間資格があります。それぞれ認定する省庁や団体が異なっています。資格と一口で言っても「弁護士」、「公認会計士」のように業務を行うために必要な国家資格から、「日本仏像検定」、「日本語検定」のように趣味や教養を検定するものまでさまざまあります。

・国家資格
法律に基づいて国が主催・実施し、認定を行っている資格弁護士、公認会計士、税理士、宅地建物取引主任者、中小企業診断士など

・公的資格
公益法人等が主催・実施し、認定している資格簿記検定、秘書検定など

・民間資格
民間の団体や企業が実施し、認定している資格MOS/MCAS、AFP/CFP、TOEICなど

マイナビが20代のビジネスパーソンを対象に「取得を考えている資格」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.