くらし情報『【転職コブス君】外資系企業に転職しても、リストラが多いって本当!?』

2012年4月24日 10:05

【転職コブス君】外資系企業に転職しても、リストラが多いって本当!?

【転職コブス君】外資系企業に転職しても、リストラが多いって本当!?外資系企業において、実力がともなわないとリストラが激しいといううわさの絶えない外資系企業ですが、実際はどうなのでしょう。気になるうわさの真相を、キャリアコンサルタントの坂本徳子さんに聞いてみたいと思います。

――外資系企業と日系企業とでは、転職においてどのような違いがありますか?

「外資系の会社は実力社会です。年齢にかかわらず、努力し結果が伴えば、早期昇進昇給が望めるのが大きな特徴です。転職においてもその考え方は同じ。

豊富な実績を持っていたならば、年齢を問わず採用が見込めます。ただ、若いうちからの転職であれば、英語力はこれから身に付けていけばいいかもしれませんが、35歳以上からの転職となると、ある程度の英語力はどうしても必要になってくるでしょう」

――英語力がない場合、35歳以上の外資系企業への転職は厳しいということですが、ほかにも、外資系に向いていない性格の人などいたら教えてください。

「日本の場合、誰かが失敗すれば、それは上司の責任であったり、その部署全体の責任となることが多いですが、外資系は自己責任の社会。自分の失敗は、自分だけのものです。

ですから、自分の意思が明確でない人や、人に意見を求めがちな人などは、外資系は向いてないと言えます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.