くらし情報『【コブスくんのモテ男道!】ベテラン産婦人科医が教える。PMS(月経前症候群)とのうまい付き合い方』

2012年5月4日 20:15

【コブスくんのモテ男道!】ベテラン産婦人科医が教える。PMS(月経前症候群)とのうまい付き合い方

【コブスくんのモテ男道!】ベテラン産婦人科医が教える。PMS(月経前症候群)とのうまい付き合い方
イライラ、下腹痛、腰痛、怒りっぽい、頭痛、気持ちの落ち込み等々……。このような症状に毎月悩まされている女性は70~80%といわれ、忙しい現代社会においてさまざまな支障をきたすこともあるほどです。これは「月経前症候群」であり、PMS(Premenstrual Syndrome)と呼ばれています。

PMSで、職場の対人関係が悪くなったり、上司とうまくゆかなくなって、退社を余儀なくされたりするケースまであります。特に男性上司の理解は、まだ難しいかもしれません。

そんな女性特有の悩みを解決すべく、南青山で30年以上に及ぶ経験を持つベテラン開業医、三宅産婦人科医院・院長、三宅清平先生に、どうしたらうまくPMSと付き合っていけるか教えていただきました。

ひょっとして、あなたもPMSで悩んでる?

PMSは、月経前3~10日間の黄体ホルモンの分泌が活発になる期間に現れる不快な症状で、これらの症状は月経がはじまると弱くなり、なくなるのが特徴です。
一般的な社会生活が困難な中等度以上のPMSは、5~6%もありますが、婦人科で治療を受けると、ずっと楽になります。仕事もできるようになるので、ガマンは自他ともに大損です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.