くらし情報『【雑学キング!】忙しい時に受けた電話を、短く切るコツ』

2013年3月5日 21:00

【雑学キング!】忙しい時に受けた電話を、短く切るコツ

【雑学キング!】忙しい時に受けた電話を、短く切るコツ
●電話は、受けたい時と受けたくない時がある
誰でも、忙しい時に長電話などはしたくないもの。ビジネスやプライベートで、相手に不快感を与えずに素早く電話を切るコツとは、何だろうか?

●かける側の基本は、相手に時間の了承を得ること
社会人になって、新人教育などで電話の受け方、かけ方は誰でも学ぶもの。しかし、相手から時間の了承を得るという基本を忘れている社会人は多い。

かける側の基本は、「今、5分程お時間はありますでしょうか?」あるいは、「○○の件をご相談したいのですが、今、ご都合は宜しいでしょうか?」といった具合に相手の都合を尋ねること。

こうした基本を相手が守ってくれればよいのだが、守らない場合もある。特に重要なお客さまからかかってきた電話などは、どのような用件でも相手のペースになりがち。それがお互いのビジネスの関係にとって良いのだろうか。また、プライベートでも同じ。親しい友人からの電話を、忙しいからといってむげに切るわけにはいかない、と多くの人は思うだろう。ではどうするか。

●重要なお客さまからの電話を短く切るコツ
重要なお客さまが、あなたの携帯や会社の電話にかけてくるのは、急ぎの用事の場合と、そうでもない場合がある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.