くらし情報『『監獄のお姫さま』第9話あらすじ - 「誘拐」の一部始終が見えてきた』

2017年12月13日 11:45

『監獄のお姫さま』第9話あらすじ - 「誘拐」の一部始終が見えてきた

『監獄のお姫さま』第8話のレビュー・あらすじ

■『監獄のお姫さま』第9話あらすじ

出所したカヨ(小泉今日子)は美容院で働き始めた。スマホも手に入れ、千夏(菅野美穂)たちと連絡を取るために約束していたメールアドレスも登録する。が、千夏たちからは連絡はない。

目次

・『監獄のお姫さま』第9話あらすじ
・『監獄のお姫さま』第9話感想 - 明らかになる誘拐の一部始終、そして事件の真実
・『監獄のお姫さま』作品概要
・『監獄のお姫さま』キャスト


カヨが出所したあとの「自立と再生の女子刑務所」ではしのぶ(夏帆)はいじめを受けつつも、粛々と日々を過ごしていた。

そんなしのぶの姿を見ていたふたば(満島ひかり)は、勇介に会わせようとしのぶの母・民世に手紙を出す。しかし、それが結果的にしのぶを追い詰めることになってしまう。

出所した面々は少しずつ、娑婆での日常を取り戻していた。そんな2017年のある日。悠里(猫背椿)が店長を務め、カヨも働く美容院にふたばがやってくる。

ふたばは特に何も語ることなく、カットを終えると去っていったが、それは“召集”の合図だった。

■『監獄のお姫さま』第9話感想 - 明らかになる誘拐の一部始終、そして事件の真実

第1話で突然誘拐された板橋吾郎(伊勢谷友介)。なぜ誘拐されたのか、その理由がカヨたちの刑務所での時間を追いながらようやく紐解かれてきた。

今回、誘拐シーンの裏側が見せられたことによって、どうしてあのようなミスがあったのか、なぜここにこの人がいたのかなど、引っかかっていた部分がスッキリした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.