くらし情報『映画『ライ麦畑で出会ったら』感想。愛すべき青春映画の傑作! この旅が、きっと明日を変えるはず!』

2018年10月27日 12:00

映画『ライ麦畑で出会ったら』感想。愛すべき青春映画の傑作! この旅が、きっと明日を変えるはず!

こんにちは。アートディレクターの諸戸佑美です。

紅葉の美しい季節になりました。

読書の秋、お気に入りの本屋さんを巡ったり、本を読む楽しみは、一瞬にして異次元を旅できるとても贅沢な時間ですね。

J.D.サリンジャーの不朽の名作『ライ麦畑でつかまえて』をお好きな方も多いと思います。【シネマの時間 】第45回は、その一冊の本に心奪われた青年の成長を描く珠玉の青春映画『ライ麦畑で出会ったら』をお送りします!

本作は、ジェームズ・サドウィズ監督の自伝的な内容を基に描かれているだけに、青春時代ならではの甘酸っぱさとほろ苦さがとてもリアル。

誰にとっても忘れることのできない青春時代。

普遍的ともいえる感情は幅広い層からの共感を呼び、長編監督デビュー作にして世界各地の映画祭でも数々の賞を受賞し、絶賛されています。

不器用ながらも純粋でまっすぐな主人公ジェイミーに抜擢されたのは、大ヒット作『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』でも注目された若手俳優のアレックス・ウルフ。

謎に包まれた伝説の作家サリンジャー役には、『アダプテーション』の名優クリス・クーパーが演じ上げ、見事な存在感を放っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.